2008年06月07日

さまよう刃

少年犯罪と少年法がテーマです。

加害者が撮影した「被害者を陵辱している」ビデオを被害者の家族が見てしまうというショッキングな場面の効果もあるのでしょうが、著者の思惑にすっかり嵌ってしまった感もあるのですが、被害者の父、刑事、加害者に利用された少年の心理状態と苦悩が見事に描かれています。
事件をネタに茶番を展開するマスコミの醜い姿にも触れる等物語の構成も上手く出来ています。

ただ、誰も報われない結末、なんとも遣る瀬無い読後感が残りました。

過去の苦悩から自分自身を解放しようとして、被害者の父「長峰」を助けようとしていた丹沢和佳子の苦悩は更に深まったんだろうな、と思いながら読み終えました。

さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)
角川グループパブリッシング [著] 東野 圭吾
ASIN:4043718063 /文庫/499頁
発売日:2008-05-24
ランキング&評価:---位 4.5
価格:¥ --- [2008-06-07 Amache]
5 - すごいっ!
5 - 文庫化
4 - 小説としては○。東野圭吾の作品としては△。
4 - 映像化が楽しみ


posted by 京極恭輔 at 21:19 | 上海 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。