2008年07月31日

イン・ザ・プール

神経科医伊良部先生シリーズの第一作です。
私の場合、「空中ブランコ」を先に読んでしまったのですが、伊良部先生のハチャメチャ度はイン・ザ・プールの方が激しいです。

古き良き時代には実際にこんな医者がいたのかもしれません。

社会も企業も伸び伸びとして生きていけない息苦しい時代になってしまいましたが、この伊良部先生シリーズが売れている理由は、現実離れしたハチャメチャから来る爽快感にあるのでしょうね。

元気が出る一冊です。

イン・ザ・プール
文藝春秋 [著] 奥田 英朗
ASIN:416320900X /単行本/269頁
発売日:2002-05
ランキング&評価:---位 4.5
価格:¥ 1,300 [2008-07-31 Amache]
4 - 患者が自分で病気を克服する神経科
4 - 型破りだけど抜け目がない
5 - 看護婦さ〜〜ん。
4 - 名医。
4 - 登場人物と一緒に癒される


posted by 京極恭輔 at 22:59 | 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。