2008年07月26日

空中ブランコ

能天気なのか、自然体で生きているだけなのか良く分からない伊良部総合病院の跡取り?の伊良部先生。

やることも言うこともハチャメチャ。
変な医者なのに何故か患者は拒否できず、また来たくなってしまう。
いつの間にか患者と同化して患者をリラックスさせるんですね。

読み終わったら、私自身の体の力も抜けて気が楽になりました。

色々な意味で行き詰っている人にお勧めの一冊です。

空中ブランコ (文春文庫 お 38-2)
文藝春秋 [著] 奥田 英朗
ASIN:4167711028 /文庫/282頁
発売日:2008-01-10
ランキング&評価:---位 4.5
価格:¥ 500 [2008-07-26 Amache]
5 - イン・ザ・プールのがいいかな
4 - 思わず笑い声をあげてしまいました
5 - すごい!
4 - インザプールの続編。でも、こっちの方がイイ。
5 - 「伊良部シリーズ」第二弾


posted by 京極恭輔 at 20:33 | 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。