2008年08月11日

黒いモスクワ ST警視庁科学特捜班

面白い!
FSB(KGBの後継組織)、怪僧ラスプーチン、ロシアマフィア、シャンバラ伝説、ポルターガイスト現象と内容は多岐に渡るのですが、すっきり見事に纏めています。
登場人物も、最初は赤城と百合根の二人だったのが、他の四人も合流し五人組みが全て揃い怪僧ラスプーチンゆかりの教会を買い取ったロシアマフィアの怪死事件の謎を一つ一つ解いていきます。

五人それぞれが非常にユニークで、しかも丁寧に個々の人物像を描いているのですが、この作品でも、無口な黒崎の存在感が際立っています。

この「ST警視庁科学特捜班」シリーズを全て読破したくなりました。

黒いモスクワ―ST警視庁科学特捜班 (講談社文庫)
講談社 [著] 今野 敏
ASIN:4062739305 /文庫/310頁
発売日:2004-01
ランキング&評価:---位 4.0
価格:¥ 600 [2008-08-11 Amache]
4 - キャラクターが良いシリーズ。


posted by 京極恭輔 at 16:30 | 上海 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK

ST警視庁科学特捜班 黒の調査ファイル

帯に「中国マフィア抗争の裏」と書いてあったので、面白そうだと思い購入したのですが、本著は警視庁科学捜査班、通称「ST」の「色」シリーズのラストだったのですね。
科学特殊能力を持つ五人組が活躍します。
本著では、美作竹上流で通常10年かかるという中伝免許をわずか1年で獲得した黒崎が大活躍します。
振り込め詐欺の被害にあった売れない役者の復讐劇に上手く潜入し、同時に中国マフィアの逮捕のアシストをします。
殆ど、台詞のない黒崎の存在感が異色の出来です。
話が上手く出来すぎている感はありますが、単純明快に楽しめる作品です。

ST警視庁科学特捜班 黒の調査ファイル (講談社文庫 こ 25-15)
講談社 [著] 今野 敏
ASIN:4062757338 /単行本/298頁
発売日:2007-05-15
ランキング&評価:---位 3.0
価格:¥ 600 [2008-08-11 Amache]
3 - 警察版ゴレンジャー


posted by 京極恭輔 at 15:30 | 上海 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。