2008年06月29日

海に消えた神々

私立探偵「石神」を主人公とするシリーズもので、「神々の遺品」に続く第二弾です。

沖縄の古代遺跡に関する捏造疑惑がもとで自殺した仲里教授の無念を晴らして欲しい、との依頼が石神のもとに舞い込みます。
しかも、依頼主は高校生で仲里教授とは友人の父親だと言う。

邪馬台国、ムー大陸伝説とかつての大東亜共栄圏構想の結びつき、米軍、政治家、マスコミ....。
これは、壮大なロマンと国家レベルの陰謀が展開されるんだな、とわくわくしながら思い読み進めていきました。

それにしては、残りのページ数が足りないな、と感じてはいたのですが、あれっ、と言うくらいこじんまりと無難に収束してしまいます。

良く纏まっている作品ですが、「神々の遺品」を読んだ直後ということもあり、期待が大きすぎた感は否めませんが欲求不満が残ってしまいました。

第三弾に期待したいと思います。

海に消えた神々 (双葉文庫)
双葉社 [著] 今野 敏
ASIN:4575509965 /文庫/350頁
発売日:2005-03
ランキング&評価:---位
価格:¥ 680 [2008-06-29 Amache]
No User Review


posted by 京極恭輔 at 12:45 | 上海 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK

2008年06月21日

神々の遺品

古代文明、宇宙、神がキーワードです。
アメリカの国防長官をも丸め込み、古代の謎を解き自らを人類の救世主であると信じる危険人物「シド・オーエン」とそれを阻止しようとする人々の物語です。

シド・オーエンに利用されたアメリカ国防総省のジョーンズ少将、人探しを請け負った元刑事で私立探偵の「石神」、バチカンが送り込んだ神父、KGBの後継組織FSBが送り込んだロシア人、警察が絶妙に絡んで進行していきます。

面白くて一気に読み終えてしまったのですが、この作品が読者を惹きつけるのは、リアリティです。
それは、様々な文献をあったたのだろうと思われる古代文明に関する詳細な記述とアメリカを舞台にしたことで日本では有り得ないことであっても、アメリカならあるかもしれないな、と思わせるところだと思います。

古代文明に関する記述だけでも一読の価値があります。

神々の遺品 (双葉文庫)
双葉社 [著] 今野 敏
ASIN:4575508578 /文庫/400頁
発売日:2002-12
ランキング&評価:---位 5.0
価格:¥ 730 [2008-06-21 Amache]
5 - リアリティに惹きつけられます。


posted by 京極恭輔 at 19:53 | 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK

2008年06月15日

グラスホッパー

面白半分に妻を轢き殺された「鈴木」が狙う復讐の対象と3人のユニークな殺し屋が、織り成す不思議な物語です。

読み始めは現実感が非常に乏しいのですが、読み進めているうちに現実感を帯びてきて背筋が寒くなります。

「劇団」や「押し屋」等は実在していても何の不思議もありません。

中盤辺りから、物語の中にどんどん引きずり込まれて行きます。

私は、通勤時に読書をしているのですが、この作品を駅のホームで読んでいる時に、偶々通った通過電車がなかなか通り過ぎないのでまさか「幻覚」?と真剣に焦りました。

読後の爽快感はありませんが、終盤からのスピード感あふれる展開は一読に値します。

グラスホッパー (角川文庫 い 59-1)
角川書店 [著] 伊坂 幸太郎
ASIN:404384901X /文庫/345頁
発売日:2007-06
ランキング&評価:---位 4.0
価格:¥ 620 [2008-06-15 Amache]
5 - 郡生相
4 - ラストのどんでん返し
5 - 極論すれば伊坂幸太郎が苦手な人でも楽しめる
4 - うーん。なんだろう。
2 - エンターテインメント



posted by 京極恭輔 at 11:41 | 上海 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK

2008年06月07日

さまよう刃

少年犯罪と少年法がテーマです。

加害者が撮影した「被害者を陵辱している」ビデオを被害者の家族が見てしまうというショッキングな場面の効果もあるのでしょうが、著者の思惑にすっかり嵌ってしまった感もあるのですが、被害者の父、刑事、加害者に利用された少年の心理状態と苦悩が見事に描かれています。
事件をネタに茶番を展開するマスコミの醜い姿にも触れる等物語の構成も上手く出来ています。

ただ、誰も報われない結末、なんとも遣る瀬無い読後感が残りました。

過去の苦悩から自分自身を解放しようとして、被害者の父「長峰」を助けようとしていた丹沢和佳子の苦悩は更に深まったんだろうな、と思いながら読み終えました。

さまよう刃 (角川文庫 ひ 16-6)
角川グループパブリッシング [著] 東野 圭吾
ASIN:4043718063 /文庫/499頁
発売日:2008-05-24
ランキング&評価:---位 4.5
価格:¥ --- [2008-06-07 Amache]
5 - すごいっ!
5 - 文庫化
4 - 小説としては○。東野圭吾の作品としては△。
4 - 映像化が楽しみ


posted by 京極恭輔 at 21:19 | 上海 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。