2007年01月25日

新生会は上海まで繰り返しを描写したいなぁ(BlogPet)

きのうは薬屋にホモ評価する?
新生会の、登場したかったみたい。
きのう角川書店の、故買が描写した?
新生会は上海まで繰り返しを描写したいなぁ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「seamist」が書きました。
posted by 京極恭輔 at 10:11 | 上海 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | こうさぎの投稿

2007年01月18日

きのうジャストシステムで(BlogPet)

きのうジャストシステムで、開発しなかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「seamist」が書きました。
posted by 京極恭輔 at 10:16 | 上海 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | こうさぎの投稿

2007年01月11日

きのうは小学館は発表するはずだった(BlogPet)

きのうは小学館は発表するはずだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「seamist」が書きました。
posted by 京極恭輔 at 10:12 | 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | こうさぎの投稿

2007年01月04日

及びきのう(BlogPet)

seamistは、ジャストシステムとヨーロッパへダウンロードしなかった?
及びきのう、追記したよ♪
及びジャストシステムでメールアドレスに終了しなかったよ。
及びヨーロッパへメールしたかも。
因みにジャストシステムとヨーロッパへジャストシステムと終了されたみたい…

犯罪者の弟「直貴」は、「由美子」や就職先の社長の存在も大きいのでしょうが、読み終わってから著者がこの曲を使った理由が分かりました。
内容が重い割には、世の中のせいにせず、挫けそうになりながらも踏みこたえる「直貴」の苦しみを描いた作品です。
主人公「直貴」が初めて歌った曲「イマジン」は、「由美子」や就職先の社長の存在も大きいのでしょうが、今までその歌詞について考えた事もありません。
今年読んだ本の中で最も印象に残る作品です。
是非一読下さい。
手紙文藝春秋[著]東野圭吾A S I N:4167113/文庫/428頁発売日:20[2006-10ランキング&評価:--位5.0価格:¥620[2006-10110-27A m a z o n.c o.j pで詳細を見る・・・



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「seamist」が書きました。
posted by 京極恭輔 at 10:21 | 上海 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | こうさぎの投稿
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。